借地権種類

ここでは、借地権の種類についてご紹介します。
普通借地権や定期借地権など一般的な内容から
事業用や転貸借地権など細かな種類まで記載しております。
地価の高騰により自然発生する場合など様々な状況がございますので
自分の保有している建物がどのような状況にあるのか
しっかりとチェックしておきましょう!!

借地権の種類について

借地権で家を購入した場合、その種類があることをご存知ですか?
いつまでに家を購入したかでも違うのでしっかりと把握しておく必要があります。

大きな区分として
1.平成4年8月より前に土地を借りた方(旧:借地法適用)
2.平成4年8月以降に土地を借りた方(現:借地借家法適用)
に区分されます。

注記:建物の「建替え」や「契約更新」などで手続きを行った場合や
相続によりと取得した場合でも当初土地を借り始めた
時期が適用されます。

借地権(旧借地法の適用)または、借地権(普通借地権)の場合

1.自宅やアパート、マンション一戸建てを工場用地として、土地を借りている場合
2.契約期限が決まっており、契約更新する事により半永久的に借り続ける事ができます。
3.借地権(旧借地法)と借地権(借地借家法)は、契約期間などで違いがあるため
事前にしっかりと確認しておきましょう!!

定期借地権(平成4年8月1日以降)

1.一戸建てや住宅、定期借地権マンションなどが該当し、主に住宅用として土地を貸借している場合
2.契約期間が決まった契約(契約期間50年以上)。基本的に更新は無く期間満了で契約は終了します
3.契約期間満了後は、更地にして返還する必要あるため、注意が必要です。
4.全国的な供給戸数:約7万戸

事業用定期借地権(平成4年8月1日以降)

1.事業用目的(商業施設や路面店舗や大規模開発事業など)で土地を借りている場合
2.契約期間が決まった契約(契約期間は10年以上~50年未満)
3.契約書については公正証書にて作成する必要があります。
4.契約期間満了後は、更地にして返還する必要あるため注意が必要です。

建物譲渡特約付借地権(平成4年8月1日以降~)

1.契約から30年後に土地の所有者が建物を相当の対価(お金)で買取る定めがある契約のこと
2.全国的な契約締結数は非常に少ないと言われている

一時使用目的の借地権(平成4年8月1日以降)

1.プレハブや倉庫等の工事用の仮設事務所で、一時的に土地を借りている場合
2.契約時、一時的に借りる事が明らかになっている契約

問題となるのは借地権(旧借地法)

旧借地法は色々と問題があった法律だと言われておりこの時に借りた内容は当時の法律が適用されます。
借地に関して悩みを抱えている場合、適切な場所で相談をすることをおすすめします!!