借地権と地上権の違い

ここでは、賃借権と地上権の違いについて記載いたします。
不動産系の法律は難しく専門知識を有する必要性が多く
悩むことも多いのではないかと思います。
ここでは、そんな違いについてわかりやすく記載したいと思います。

地上権とは

土地を直接的に支配することのできる権利。
権利所有者は、地主(貸主)の承諾を得る必要なく、
・地上権を登記すること
・第三者に譲渡すること
・賃貸すること
が可能になります。
地主(貸主)には法律として登記への協力義務が存在し
借地権者(借り主)が希望すれば地上権の登記をしなくては
いけません
とても強い権利です。

賃借権とは

賃貸人の承諾を得て土地を間接的に支配する権利
地上権と比較すると権利が弱く、賃借権を登記する場合には地主(貸主)の承諾が必要となる
また、
・第三者への譲渡
・賃貸利用
についても地主(貸主)の承諾が必要となります。
賃借権には、地上権と異なり地主に対して登記の協力義務はございません。
しかし、借地権者が所有する建物を登記することで、賃借権を登記したのと
同様の効果を得ることが可能となります。
(ここがポイントです。)

昨今では、借地権というと、地上権が設定されている物件はほとんどないと言われており
賃借権が一般的のようです。
賃借権は確かに地上権と比較してしまうと弱い権利のように見えますが、
実際は
・借地借家法
・旧借地法
で守られております。
よって実質的な価値という意味でいうと地上権と変わらないとも言えるでしょう。
(よくあやまって理解している方がいらっしゃいますので注意しましょう)

違いについて

法律で借地権と称される権利には物件(人が物を有する[支配できる]権利)である地上権と
債権(一定の給付を請求する権利)である賃借権の2種類に大別されます。
どちらも建物(一戸建てやマンション)の所有を目的として貸主の土地を利用する権利なのですが、
上述したように権利に大きな違い存在しております。

※1物権とは、人が物を直接的に支配できる権利です。
 民法で認められている
 ・占有権
 ・所有権
 ・地上権
 ・永小作権
 ・地役権
 ・入会権留置権・
 ・先取特権
 ・質権
 ・抵当権
 以上10種類が存在しており
 その他にも民法以外の法律で認められている
 ・鉱業権
 ・採掘権
 ・漁業権
 ・入漁権
 ものも存在しております。

※2債権とは、財産権の一つ。
 債権者(お金を請求できる人)が債務者(お金を請求される人)に対して、
 一定の給付を請求することができる権利。

地上権の意義とは・・・

地上権とは前述したとおり
他人の土地を利用し建物などを所有するための、
使用権利のことです。
ここをしっかりと理解しておきましょう!

関連する法律

地上権に関する法律(明治33年3月27日法律第72号)
民法上の地上権(265条)
で定められています。